皮膚科処方、1か月3,000円弱、現在使用は1か月2,160円(40代・女性)

昨年あたりから、しみがかなり目立ち始め、悩むようになりました。それまではしみはたくさんあるが「目立つ」というレベルではなかったので、ハト麦入りの美白化粧水やコウジ酸使用の美白美容液などを頼って、定期的にコットンにしみこませてパックをするなどしていました。また時折エステ(安価なところ。化粧品店が行っているようなエステ。)に行き、超音波美顔器などを使用して、化粧水をよく吸収するような施術をしてもらっていました。肌のさわり心地などがよくなり、水分や油分のバランスが良くなっていくのがわかるのですが、しみが治るということはなく維持にとどまっていたか、または加齢には勝てずしみが徐々に濃くなっていくかという印象で終わりました。そこで思い切ってハイドロキノンの使用に至りました。

使い始めは大きな期待をしたのですが、実際美容皮膚科で処方の説明を受けたとき、「扱いが面倒だ」と思いました。冷凍庫に保存するように言われ、また患部だけに使用すること、いつも以上に紫外線対策は怠らないことなどの説明を受けました。これだけで普段化粧もしない私には「やることがいっぱい」と思ってしまえる説明量に感じてしまいました。結局効果を感じる前に、冷凍庫から出す面倒臭さに負けてしまい、通常通りの化粧品に戻ってしまいました。しかし、その後のレーザー治療で失敗しているため(おそらく出力の弱いレーザーが効かなかったのではないかとのこと)、結局ハイドロキノン治療に戻りました。確かに面倒なのは変わりないですが、少しずつ効果と副作用を確かめながら治療ができることが最大のメリットであり、ほかの施術にはない確実な点だと思います。

特に刺激は感じていません。むしろ刺激がない分、患部以外の顔全体に塗布したい気分になります。(先生に止められているので絶対にしませんが、そのぐらい刺激がないということ。)また前回と違って今回の先生の指示は、すべての化粧品(化粧水、乳液、美容液等)の使用が終わってからハイドロキノンを塗布するようにとのことなので、しっかり乾燥対策を行っています。そのため乾燥を感じたことはありません。ただし、これから冬本番なので今後も様子は見ようと思います。今まで2か所の病院でハイドロキノンの処方を受けていますが、いずれの先生も3か月以上は様子を見るようにと言います。レーザーの戻りじみでも6か月様子を見た方がよいと言われたことを考えると、3か月くらい様子を見ることは大したことないと考えてしまいます。これからされる方も気長にされた方がいいと思います。