BIHAKUEN/ハイドロキノンクリーム(30代・女性)

私がハイドロキノンを使用したきっかけは、ザックリ言うと「頬のシミを消したかったから」です。これまでシミ、そばかすに効果のあるものとして、ビタミンC誘導体やプラセンタが配合されている化粧水や美容液の使用とヨーグルトパックに始まり、サプリメントやドリンク、食物繊維の豊富な野菜や大豆製品、玄米、麹などを積極的に摂り外側からだけでなく内側からもアプローチするように心掛けていました。すると、腕にあったシミが気付いたら綺麗になくなっていたので喜んでいたのですが、頬のシミは残ったまま。『どうにかして消すことできないか』と思い、ネットで色々調べたところ「ハイドロキノン配合の化粧品はシミ消しの成分が高く、美白にも効果あり」という言葉がヒットしたんです。私は、そのとき初めてハイドロキノンという言葉を知りました。気になりハイドロキノンについて検索をかけると「BIHAKUENのハイドロキノンクリームがオススメ」と、ある方のブログで紹介されているのを発見し、値段も3000円以内とお手頃だったので試しに購入してみました。

正直に申しますと、満足はしておりません。それはなぜか?理由はシンプルで、満足できるほどの効果を得ることができなかったためです。使い続けていれば何かしらの変化はあったのかもしれませんが、私の肌には合わなかったようで一週間もしないうちに使用を中止してしまいました。口コミでは「シミが薄くなってきた」「肌が白くなったと褒められるようになった」など評価が高かったこともあり期待していたのですが、残念です。

もともと敏感肌で幼い頃はアトピー肌だったということもあり、使用するまで不安はありましたが、その不安が見事的中してしまいました。肌全体ではなく、部分的に頬のシミに少量乗せてみましたが、しばらくするとカーっと熱っぽさとヒリヒリ感を感じました。『使い始めは肌も慣れていないからこういう症状が出るのかもしれない』と思いながら、一週間ほど我慢して使っていたのですが、熱っぽさとヒリヒリ感に加え湿疹と痒みも出てきてしまったため、仕方なく使用を中止しました。結論を申しますと、4〜5%の濃度の高めものは敏感肌やアトピー肌の方にはオススメしません。「試しに使用してみたい」という方は、1〜3%の濃度の低めのものからトライされると良いかと思います。今では敏感肌用のハイドロキノンが配合されている化粧水や美容液も販売されているので、様々な化粧品を試してみて、自分に合ったものに巡り合えたら幸せですね。

皮膚科の処方・10ml/1,000円(40代・女性)

私がハイドロキノンを使用したきっかけは、ネット上で「肌の漂白剤」と謳われていて、少々強引な響きなので人によっては敬遠されるかもしれませんが、私はそれほど効果がはっきり分かるくらい協力なんだな!!と思って興味を持ちました。それで調べてみたら会社のすぐそばで、以前から目元ケアのクリームを処方してもらっていた行きつけの皮膚科でもハイドロキノンが置いてあったので、即処方していただきました。それまでは、2?3年以上薬局で市販されている、とても有名なシミ消しクリームを使っていましたが、シミがどんどん濃くなるといったことはないのですが、正直薄くなった気もせず、これを塗っているからこれ以上シミが濃くならないんだと自分に言い聞かせて使っていました。

皮膚科で処方して頂いたハイドロキノンは配合率が8%も入っていて(薬局等で売られているものは1?4%だそうです。)、今まで使っていたケ○ミンクリームでは何年経ってもはっきりとした効果はありませんでしたが、使い初めて1ヶ月目あたりから、シミの真ん中あたりから色が薄くなってきているのがはっきりと分かるようになりました。今使い始めて2ヶ月過ぎくらいですが、すでに全体的にシミが薄くなってきていて、以前はコンシーラーを付けてもバレてしまうくらいのシミでしたが、今では普通のCCクリームだけでも、近づいて見れば分かるくらいのシミの薄さになりました。1本1,000円で、2ヶ月過ぎてもまだまだ使いきっておらず、いままで使っていたクリームも1,000円前後でしたが、この速攻性とコスパの良さは比べものにならないくらい凄いです!!

私が使用しているハイドロキノンは、透明な液体で配合率8%のもので、左の頬骨のあたりの1cm未満くらいの部位のみに使用しているのですが、刺激などを感じたことはいまのところありません。ただ処方の際に皮膚科の先生から「必ず綿棒を使って塗るようにして直接指で塗らないでください。」「効果が強すぎて、周りより白くなりすぎてそこだけポツンと丸く白くなってしまうことがあるので、効果が出たらすぐに使用を中断してください。」との説明がありました。なので、それほど強力な成分なのだと思うので、肌の弱い方や、広範囲で塗られる方は、慎重になった方が良いかと思います。心配なら、多少効果が現れるのがゆっくりになっても薬局で売られている配合率の低いものから試してみてもよいのでは?とも思います。

ハイドロキノン軟膏(皮膚科)5g1000円(41歳・女性)

医療事務として勤めていた皮膚科で、ハイドロキノン軟膏が販売されていました。ハイドロキノンの原末と、ワセリンクリームを混ぜて院内で作ったものです。ハイドロキノンの濃度は5%、5g1000円ですが、従業員は半額で購入することができました。私は頬に出来たニキビ跡が茶色いシミになってしまいいそれを消したくて購入しました。ビタミンC誘導体の化粧水を使っていましたが、出来てしまったシミには効果を感じなかったので、ハイドロキノンの効果を期待しました。濃度が濃いクリームなので、シミの部分にだけ塗るタイプのものなので、5gでも3ヶ月くらい持ちました。

ハイドロキノンは漂白作用があるので、白斑になる副作用もある分、効果は確実だということを皮膚科の先生にも聞きました。実際、私も使用して気になっていたシミは1ヶ月くらいでかなり薄くなり、2ヵ月でわからなくなり、効果は大満足でした。濃度が濃いクリームなので、シミの部分にだけ塗るタイプのものなので、5gでも3ヶ月くらい持ちました。現在は市販でハイドロキノンの濃度が薄く、化粧水や美容液のように使える商品もあるそうです。濃くて大きいものは皮膚科などで販売させているハイドロキノン軟膏、全体的にできてしまった細かいシミには市販のハイドロキノン化粧水や美容液など使い分けることもできるので、試しやすい成分だと思います。

皮膚科で販売している高濃度のものなので、最初は少し心配で最初は少量本当に薄くつけてみました。刺激は全く感ることはなく、つける量を多くしていっても大丈夫でした。ハイドロキノンの効果は1ヶ月で薄くなり2ヵ月でほぼ気になったいたシミが消えたので、医師に聞いてみると聞くと、「漂白作用のあるものなのでシミが消えたら中止して下さい」ということだったので2ヵ月だけ使いました。高濃度で皮膚科処方のものでシミの部分のだけ塗るもので、常用することは避けるほうが良いようなので、効果をまめにチェックしながら調整していく必要があります。シミ消し&シミ防止にも効果を期待したい場合は、市販で濃度の薄いもの、日常的に使っても大丈夫なものを選ぶと良いと思います。

アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110(37歳・女性)

第二子を出産した後、肌のくすみがひどくなったなぁと感じたのと、元々あった頬当たりの大きなシミや両ほほに散らばるそばかすのようなものが気になってい仕方なかったので、効果の高い美白美容液をずっと探していました。その時にネット上でみつけたのがアンプルールのスキンケア商品です。

それまでは肌の不調を強く感じたことがなかったので、プチプラで有名なちふれの美白スキンケアシリーズを化粧水と美容液の2アイテムでライン使いをしていました。お値段が安い割にはきちんとお肌も潤うし、キメが整うので大きな不満はそれほどなかったのですが、やはりできてしまったシミや肌のくすみには正直言ってあまり効果を発揮することはありませんでした。

まず、アンプルールのトライアルセットをお試しとして取り寄せてみました。届いてすぐに使用してみたのですが、使ってすぐにパッと肌の色がワントーン明るくなったような感じがして、すごく驚いたのを今でも覚えています。

そのまま使い続けてゆくと、1週間後には本当に肌のくすみが以前よりましになったと思いました。とても気に入ったので、上記の美容液だけ本品をすぐに使いで注文しました。やはりハイドロキノンの美白成分はここまで優れているのだ、と実感しました。

他のスキンケア商品はここまで肌のくすみを取り除いてくれません。こんなに効果が高いのならずっと使い続けたいと思いました。ハイドロキノンが配合されているスキンケア商品はちょっとお値段的には高いけど、優れた効果が期待できますね。

あとはSK-IIも使いたいですがさすがにお金が足りなくて試せていません。でも美白作用はそれほど?みたいなので、とりあえずは気になっているシミを先に消したいです。

私の肌はさほど敏感ではなく、どちらかというと丈夫な方だと思っているので、ハイドロキノンを使用してる間も特にピリピリしたり、肌に違和感を感じるようなことは全くありませんでした。逆にお肌の調子がとてもよかったと感じております。本当はずっとハイドロキノン配合のアンプルール商品を使い続けたいのですが、お恥ずかしいことにお金が続かなかったので今はもう使っておりません。実際に使い続けていた期間は2か月ほどです。

それだけ短い期間でもくすみがよくなったりと十分な肌の変化を感じていたので、もっと長いスパンで使っていたらシミやそばかすにも効いていたのかなと思います。肌のターンオーバーは約1か月と言われるくらいですから、最低でも1か月は続けてみたらいいのでは思います。

皮膚科の処方・1ヶ月分1300円(30代・女性)

高校生の頃から少しずつシミができはじめたのがきっかけで、日焼け止めは毎日使っていました。しかし、シミに対してはこれまで美白用のものを使ったことはありませんでした。お店にはさまざまな美白の化粧品が置かれていて、どれを選んだらいいのか分からないし、美白化粧品といっても、どれほどの効果があるのかという不安というか、不信感に近いものがありました。周りの人たちから、特に美白にはコレが効くといったことも聞いたことがなかったので、あえて美白に対しては、何かを使用するつもりもありませんでした。妊娠を機にシミがどんどん濃くなって、悩んでいたある時、皮膚科でハイドロキノンの存在を知り、病院のものならある程度信用できると思い、それほど高価なものでもなかったので、とりあえず使ってみようと思いました。

ハイドロキノンを購入して、皮膚科の医師から、最低でも3ヶ月は使用してみないと、変化は出てこないと言われました。診察のときに、ハイドロキノンの使用前後で比較できるようにと、その時に写真も撮りました。はじめの1ヶ月は、やはりそれほど変化は感じられませんでした。それでも2ヶ月過ぎたあたりから、ふと鏡を見たときに、以前と比べてシミが薄くなっている感じがしました。始めてしばらくは夜1回だけ使っていましたが、効果を感じてからは朝夜の2回塗るようにしました。3ヶ月目の受診のときに、再び写真を撮りましたが、ハイドロキノンを使い始めた時の写真と比べて、シミが確かに薄くなっていました。私は他に美白化粧品を使ったことはありませんが、これだけ効果があるのなら、ハイドロキノンを使い続けたいと思いました。

実際にハイドロキノンを使う際に、皮膚科の医師からハイドロキノンにかぶれる人がいるとはうかがいましたが、皮膚科独自にかぶれにくい配合にしているということだったので、普段は肌への異常はみられませんでした。ただ、妊娠したとたんに、ハイドロキノンをぬったところがヒリヒリする感じがあったので、妊娠と同時に使用をやめてしまいました。ハイドロキノンをやめたからなのか、妊娠による影響なのか、やめてしばらくすると、またシミが濃くなってしまい、結局元どおりになってしまいました。もしハイドロキノンを使おうと思っているなら、最低でも2ヶ月は毎日塗ったほうがいいし、薄くなるのを実感すできたら、その後も他の化粧品と同じで使い続けた方がいいと思います。

アンプルール・ラグジュアリーホワイト(30代・女性)

10代後半の頃からホルモンバランスの崩れに由来するシミが出始め、歳を重ねるごとに増えていきました。肌がきめ細かく色白なのがかえって災いし、シミが目立ってしまい、コンシーラーを塗りたくる毎日でした。シミを薄くしようと、ビタミンC高濃度配合の化粧品、プラセンタ、EGF、FGFなど高価なものも試しました。確かに肌は綺麗になるのですが、シミが薄くなる実感はなし。。。レーザー治療も考えましたが、値段が高い上に、注意事項が多く、仕事をしながらでは難しいかと思い、断念しました。

美容ブログではニベアの青缶クリームを塗ったら美白効果があると書かれていましたが、そんなまさかと思い調べると、やはりデマだったみたいでやめました。

ニベア青缶効果→https://aoiri.net/

そんなこんなで、10年経過。ハイドロキノンがシミに効果があることを知り、アンプルールはドクターズコスメということもあり、すがる思いで試すことにしました。

正直なところ、私の場合、シミを消すという点では、即効性が感じられませんでした。一年近く使いましたが、少し薄くなったかな?程度でした。その間、一時的に濃くなり、その後わずかに薄くなったという感じです。根気よく続ければ、もう少し効果が感じられたかもしれません。(お金の面で続かなくなり、途中で断念しました)他の美容成分ではシミが薄くならなかったので、その点はさすがハイドロキノンという感じです。シミ以外の効果としては、肌の透明感が増したと、家族から指摘されました。そして、シミの予備軍を表に出さないという面では効果があったように感じます。他の美容成分で効果が出なかった方は、一度は試してみてもいいかもしれません。

私は一年近く使いましたが、嫌な刺激を感じたことは一度もありませんでした。ドクターズコスメだから、その点は注意深く計算されていたのかもしれませんね。乾燥したり、肌がかぶれるということも一切ありませんでした。それどころか、肌全体が白くなり、肌のきめ細かさが増しました。このコスメはきちんと潤う点でも良かったです。ただ、今あるシミを完全に消したいなら、シミの種類や原因にもよるのでしょうが、もう少し強力なのを使うか、長期間使う必要があると思います。

アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110(40代・女性)

若い時にはそうでもなかったのですが、40歳になったあたりからシミが目立つようになりました。化粧品を使っても隠すことができないし、困っていたのです。若い時のつけが回ってきたと、とても後悔をしています。しかし、そのままにするのも嫌なのでいろいろな美白化粧品を使ってきました。しかし、その効果が今一つなんですね。そのことから、このラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110が気になっていたのです。しかし、ちょっと気になることがあって、そのままあっさり使うことができなかったのです。それは、シミを直す琴緒ができても肌が荒れるのではないかと心配をしました。そのため、使いたいと思う気持ちとやっぱり我慢しようと思う気持ちがありました。

私はこの化粧品を使って、本当に良かったと思っています。それは、本当にシミを薄くすることができたからです。それは、長く使うことが必要ではないかと心配することもありました。効果がないこともあるかもしれないと心配することもあったのです。ほとんどの化粧品は、即効性はありません。そのことから、結果がでないことを心配していました。ところがしっかりと結果を出すことができたのです。それは、一本使ったぐらいでも結果がありました。そのため、やっぱりこれは美白成分が違うと思うことができたのです。シミにしっかりと効果を実感することができる成分です。一本でそれを大切に使うと気になっている部分が小さいと、確実に薄くすることができます。

ハイドロキノンのケア商品は、その刺激について一番心配するところでした。肌がそんなに強くないので、そのことが一番心配だったのです。そんな時、友人が使っていてそんな心配することは全くないと言うことを聞き、自分も使うことにしたのです。実際に使ってみると、最初にちょっとぴりっとした感じがありました。しかしそれが長く続くことはありません。使い続けていると、全くなんともなくなります。そしてそのことについて、忘れるぐらい普通の化粧品と同じように使うことができました。私の場合は、1本を使ってかなりシミを薄くすることができました。長く使うと、もっと効果を実感できたかもしれないと思っています。今のところは、ファンデーションでも目立たず隠すことが出来るのでそれで満足しています。

オバジゼオスキンヘルス皮膚科で15000円のセットでした。(30代・女性)

目の下のシミが気になりだして、市販のシミけしクリームや美白化粧水を使っていましたが目に見える変化がなく、安いものでは効果はないんだなぁと思っていました。かと言って美容クリニックでシミ取りレーザーは高価だし、姉が過去にやった話を聞きましたが、確かにその時シミはなくなるそうですが次第に同じところにシミが浮いてくるのだそうで、痛い思いしてまでやりたくないなぁと思っていました。吹き出物も気になっていて皮膚科に通っていたのでそこでシミについての相談をしたところオバジのトレチノインの治療を紹介されました。オバジは聞いたことがあって気になっていたメーカーだったのと皮膚科で進められるものだから効果があると思って治療を始めてみました。

ハイドロキノンを使ってみて満足しています。皮膚がカサカサになって剥けている人を見たことがありましたが、自分もやってみて初めて、あの人もハイドロキノンを使っていたんだ!と、周りでもやっている人は多いと思います。治療途中は痛々しくて人に会うのも嫌になる時がありますが3か月経った肌は褒められるようになりました。シミが薄くなっただけではなくて全体にツヤと張りが出て満足です。ただこれほどの効果が出るのは少し怖いことでもあるので長期は続けられないと思いますがハイドロキノン含有を使ったことがない方は一度は使ってみた方がいいのではないかなと思います。

ハイドロキノンを使う治療の際は日焼け止めは必ず注意して塗っておかないと紫外線を浴びて日焼けしやすい状態になっています。ですので夏の間はあまり治療には向いていないと皮膚科で聞きました。そちらでは3か月で1クールでしたけど初めの辛いのは1か月くらいで、3か月くらいしてやっと肌が変わってきたのがわかるので痛くても我慢して(無理はせず)3か月は様子を見てつづけた方がいいと思います。皮膚科に通うことができなくなってその後、海外のハイドロキノンのクリームを自分で使っていましたが皮のめくれはなく赤みだけが出るようになったので安易に通販で買ったりせず皮膚科で受診しながらトレチノイン治療した方がいいかと思いました。

皮膚科の処方・1か月分2,600円(39歳・女性)

ストレスからホルモンバランスが崩れ、35歳ぐらいからシミや肝斑が気になるようになりました。それまではコンシーラー等で隠していましたが、厚化粧にどうしても見えてしまうので、手の湿疹ができた際に、「ついでに」と言うカタチで皮膚科で相談をし、内服薬(ビタミン配合の薬でした)とハイドロキノンジェルを処方してもらいました。他の薬を飲んでいることもあり、あまり体に負担を掛けたくなかったので、内服薬は1か月の服用で止めましたが、ハイドロキノンジェルはシミ・肝斑に塗るだけなので続けています。それまでは、日焼け止め、美白化粧水等といった効果のありそうなものを試してきましたが、特に目立った効果が得られず、長続きはしませんでした。もちろん日焼け止めだけは年中使用をしていますが。ハイドロキノンジェルもコスパ的にとても良いと思うのですが、やはり薄くしているというだけなので、少しさぼってしまうとシミ・肝斑が濃くなるところが面倒です。診察を受けなくても皮膚科の窓口で購入できますが、流石にまとめ買いができないので月1に皮膚科に通うのも結構おっくうになっています。とは言え、増えてしまった肝斑等を消すにはハイドロキノンジェルが一番有効なので、今でも使用しています。あとは、私の場合は、目からの紫外線が結構影響しているっぽいので恰好をつけていると周りに思われようと、特に夏のサングラスも欠かせません。

ハイドロキノンジェルは、他の化粧水と違ってシミ等にピンポイントで塗れるところが良いと思います。あと、美白化粧水も使用したことがありますが、私が使用した美白効果を謳った化粧水は全く効果がありませんでした。一方のハイドロキノンジェルは、使用をし始めて1週間ぐらいでシミが薄くなってきた、と実感がありました。あと、私が使用したハイドロキノンは1か月2,600円と比較的に安価だったこともあり、有名メーカーの美白化粧品のラインナップを購入すると考えてもコスパが非常に良かったと思います。私自身としては、ハイドロキノンジェルを使用して良かったと思います。それまで使用していた基礎化粧品を一切変えることなく、ハイドロキノンを加えるだけでシミ消し効果が得られたと考えると、特に無駄にした化粧品もなかったです。

私は、混合肌です。敏感肌の方にはなりますが、超敏感肌ではありません。私の肌質でもハイドロキノンを使用してピリピリ等の刺激を感じたことは一切ありません。皮膚科の専門医処方のハイドロキノンだったからなのか、私の肌質に合っていたからなのかは未だに分からないですが。ハイドロキノンを使用し始めて3年は経過しています。早ければ1週間ぐらいで「シミが少し薄くなった?」という効果が得られると思います。1か月もすれば随分とシミが薄くなったと思うと思います。続けるのであれば、最低3か月〜半年だと思います。ただ、一度使用をストップしてしまうと、またシミが濃くなります。私も一度安心をして使用をやめたことがありますが、見事に復活しました。肌の調子と医師との相談になると思いますが、できる限り使用は続けておいた方が良いと思います。良くなってきたら毎日を2日に1度等に変更すればいいだけだと思います。

皮膚科処方、1か月3,000円弱、現在使用は1か月2,160円(40代・女性)

昨年あたりから、しみがかなり目立ち始め、悩むようになりました。それまではしみはたくさんあるが「目立つ」というレベルではなかったので、ハト麦入りの美白化粧水やコウジ酸使用の美白美容液などを頼って、定期的にコットンにしみこませてパックをするなどしていました。また時折エステ(安価なところ。化粧品店が行っているようなエステ。)に行き、超音波美顔器などを使用して、化粧水をよく吸収するような施術をしてもらっていました。肌のさわり心地などがよくなり、水分や油分のバランスが良くなっていくのがわかるのですが、しみが治るということはなく維持にとどまっていたか、または加齢には勝てずしみが徐々に濃くなっていくかという印象で終わりました。そこで思い切ってハイドロキノンの使用に至りました。

使い始めは大きな期待をしたのですが、実際美容皮膚科で処方の説明を受けたとき、「扱いが面倒だ」と思いました。冷凍庫に保存するように言われ、また患部だけに使用すること、いつも以上に紫外線対策は怠らないことなどの説明を受けました。これだけで普段化粧もしない私には「やることがいっぱい」と思ってしまえる説明量に感じてしまいました。結局効果を感じる前に、冷凍庫から出す面倒臭さに負けてしまい、通常通りの化粧品に戻ってしまいました。しかし、その後のレーザー治療で失敗しているため(おそらく出力の弱いレーザーが効かなかったのではないかとのこと)、結局ハイドロキノン治療に戻りました。確かに面倒なのは変わりないですが、少しずつ効果と副作用を確かめながら治療ができることが最大のメリットであり、ほかの施術にはない確実な点だと思います。

特に刺激は感じていません。むしろ刺激がない分、患部以外の顔全体に塗布したい気分になります。(先生に止められているので絶対にしませんが、そのぐらい刺激がないということ。)また前回と違って今回の先生の指示は、すべての化粧品(化粧水、乳液、美容液等)の使用が終わってからハイドロキノンを塗布するようにとのことなので、しっかり乾燥対策を行っています。そのため乾燥を感じたことはありません。ただし、これから冬本番なので今後も様子は見ようと思います。今まで2か所の病院でハイドロキノンの処方を受けていますが、いずれの先生も3か月以上は様子を見るようにと言います。レーザーの戻りじみでも6か月様子を見た方がよいと言われたことを考えると、3か月くらい様子を見ることは大したことないと考えてしまいます。これからされる方も気長にされた方がいいと思います。